Interviewフリーランスライター 馬場さおりさん

フリーランスライター
馬場さおりさん

毛穴、赤味、ニキビ跡、テカリ症の超敏感肌

ポッカリ開いた毛穴に赤ら顔、凸凹のニキビ跡にテカリ症、そして超敏感肌な上に脂性肌でアレルギー持ちという肌トラブルの宝庫のような私の肌。これまでは「日焼けしたら美白系、吹き出物ができたらアクネ系…」と、その日の一番気になる肌トラブルに合わせて、化粧品を選んでいましたが、この方法では一度に全ての肌悩みをケアできないことが悩みでした。化粧品選びも悩みの一つで、洗浄力の高すぎる洗顔料では赤みが悪化しやすかったりと、洗顔料一つにしても、自分の肌に合う化粧品を見つけることがとにかく難しかったです。昔は化粧品難民でもありました。

化粧水、美容液、クリーム、塗れば塗るほど効果があると信じていました

オールインワンゲルと聞くと、スキンケアに手を抜いているようなイメージがあった私。「一つでスキンケアができるわけない!」と。化粧水に美容液にと、塗れば塗るほど効果があると信じていたのですが、肌への摩擦によっておこる刺激が肌荒れにつながると知って眼から鱗。「なぜ、オールインワンなのか」という、バランシングゲルの皮膚理論に納得しました。

「保湿すること」の大切さを実感

これまでオールインワン化粧品は、スキンケア後すぐにファンデーションを塗るとモロモロが出てしまうものがほとんど。しかし、バランシングゲルはモロモロが全く出ませんし、感動モノの保湿力のおかげでファンデーションのノリがとても良い印象です。さらに、乾燥によるテカリが改善され、ポッカリ毛穴も徐々に小さくなっていくので、自然とファンデーションの使用量も減りました。「保湿すること」がどれだけ肌をキレイにするか、ベースメイクが楽になるか、スキンケア力を実感したものです。

オールインワンゲルはスペシャルケアにも使っています。クリームのようなこっくりしたゲルなので、マッサージする時にも重宝するのです。また、高級感のあるシンプルなデザインなので、置いておくだけでインテリアにもなるのが女性としては嬉しいポイント。

綺麗な肌は、仕事の自信へとつながる

フリーランスのライターとして、美容に関する情報を発信するほか、イベント企画、PRなど多岐にわたり美容に関わる仕事をさせてもらっています。人前に出ることも多い仕事柄、肌トラブルを抱えているなんて言語道断。ですが、大好きな食事やお酒をやめることはできず、度々肌トラブルを引き起こしていました。バランシングゲルに出会ってからは、肌自体が健康になり、たまに暴飲暴食してしまっても肌トラブルはゼロ!以前に比べて肌を褒められることが増えて、仕事への自信にもつながりました。

馬場さおりさん

フリーランスライター

ヘアーモデル、パーソナルスタイリストやパーティープランニングなどを経験したのち、予防医学を基盤とした美療情報サイトCREVIAを発足、ディレクションとライティングを行い、日本健康教育振興協会の病気にならない体作りを行うために必要な医学的知識を要する予想医学エデュケーターディプロマ取得。現在は、美容や健康情報に限らず、恋愛や旅行、ファッションなど幅広いカテゴリーで記事を配信中。