Moist Cream Soapモイストクリームソープ

Face Wash – 洗顔料

モイストクリームソープ 110g 3,990円(税込)

ご購入はこちら 

このような方におすすめ

  • 乾燥
  • 毛穴
  • くすみ

天然クレイの細かい粒子が毛穴の奥の汚れまで吸着
濃密な泡が心地よく肌を洗い上げる洗顔ソープ

指先だけで、きめ細やかな泡を作ることができる洗顔ソープです。天然クレイ(鹿沼土)より抽出した皮脂吸着・毛穴対策の有効成分アロフェンのほか、洗顔後の保湿効果に優れた吸着型ヒアルロン酸などを配合することで、汚れを落とすことと、肌を保湿することを実現させました。

天然クレイ配合

天然クレイ「鹿沼土」に含まれる有効成分「アロフェン」は表面に無数の小さな穴が開き、微細な成分を吸着するという特徴をもっています。この非常に小さな粒子が毛穴の奥の汚れを吸着し、クレンジングでは落ちなかった細かな汚れや皮脂、古い角質なども吸着。透明感のある肌へと導き、肌本来の力を整えます。

全成分

カリ石ケン素地、水、ジグリセリン、BG、タルク、ソルビトール、コカミドDEA、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、水溶性プロテオグリカン、水溶性コラーゲン、ダイズ種子エキス、ビワ葉エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、シャクヤク根エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、クレイミネラルズ、オリーブ油、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ポリグルタミン酸、フェノキシエタノール、エチドロン酸4Na

  • STEP 1

    モイストクリームソープの使い方画像 ステップ1

    約1.5~2センチ程度を清潔な手にとります。

  • STEP 2

    モイストクリームソープの使い方画像 ステップ2

    ぬるま湯を少しずつ足しながら、よく泡立てます。

  • STEP 3

    モイストクリームソープの使い方画像 ステップ3

    クリームのような、モチモチした弾力のある泡が出来上がります。

  • STEP 4

    モイストクリームソープの使い方画像 ステップ4

    顔全体に伸ばし、泡を転がすように洗顔します。

  • STEP 5

    モイストクリームソープの使い方画像 ステップ5

    丁寧に洗い流した後は、清潔なタオルなどでやさしく水分を拭き取ります。

指の腹で空気を入れるように泡立てることが、クリームのように濃厚でキメ細やかな泡をつくるポイントです。泡の量が少ないと、洗顔料の濃度が低いうえ、肌への摩擦の原因にもなるので、しっかりと泡立ててから洗顔をしましょう。
※泡立てネットをお使いの場合:簡単に泡立てられて便利な泡立てネットですが、水分が少なくても泡立ってしまうので、洗顔料の濃度が高すぎる泡ができてしまいます。しっかりと水分を加えながら泡立てるようにしましょう。

朝は水だけの洗顔で良いでしょうか?
寝ている間に分泌された汗や皮脂、ほこりなどによって、意外と朝の肌も汚れています。これらの汚れを落とすために、ぜひ洗顔料を使って洗顔をしてください。その後のスキンケアの浸透も良くなります。
メイクは落とせますか?
洗顔料は水性の汚れを落とすことに特化していますので、油性の汚れであるメイクは落とせません。メイク汚れはナチュラルアロマクレンジングやお手持ちのクレンジングで落としてください。
乾燥肌でも使用できますか?
特に問題ありません。モイストクリームソープは、吸着型ヒアルロン酸などの保湿効果に優れた成分も配合しているので、肌に適度な潤いを残しながらも、しっかりと皮脂などの汚れを落とします。心配なようであれば、少量を泡立てて、肌をこすらずにやさしく洗ってください。ゴシゴシと肌をこするような洗い方はおやめください。
Uゾーンににきびができやすいです。
Uゾーンにできるにきびは、洗顔料の洗い残しが一つの原因としてあります。人差し指と中指で耳をはさみこむように洗顔すると洗い残しが防げます。
日焼け止めは落とせますか?
日焼け止めを落とすことはできません。(石鹸で落とせる日焼け止めは除く)
日焼け止めをご使用の際は、ナチュラルアロマクレンジングまたはお手持ちのクレンジングで落としてください。

"顔を洗ったあとに肌がつっぱる"といった経験はないでしょうか?

これは、洗顔をすると皮脂の汚れなどと同時に、肌に必要な水分も汚れと一緒に洗い流してしまっていることが原因になります。また、洗顔をするときに、洗顔料の泡立てが足りないせいで、力を入れて肌をこすってしまうせいで、肌荒れを起こすこともあります。

モイストクリームソープは、肌に必要なうるおいはしっかりと残しながらも、肌に必要のない汚れは落とすこと、泡立てネットを使わなくても簡単に濃密な泡が作れるように処方しました。