衝撃事実!半身浴は痩せない!本当に実践すべきダイエット入浴術

この記事は約 0 45 秒で読めます。

ダイエットのために、長湯をしたり、半身浴をしたりすることはありませんか?
お風呂に入る前と後で、体重が減っていることに歓喜したりしていませんか?

これは耳が痛い話かもしれませんが、正直に申し上げます。長湯も半身浴もダイエットにはなりません!15分ほど湯に使ったとしても、消費されるカロリーはなんと10〜20キロカロリー。ダイエット目的で長湯をしたり、半身浴をするのは効果的ではないのです。

■ダイエットには直結しない入浴

入浴することで発汗し、体内の水分が排出されて体重が減るのですが、水分補給をすれば元に戻ってしまいます。体重が減ったからといって水分補給を怠れば、脱水症状を起こし、体調を崩してしまうので元に戻ることは避けられません。体内の老廃物や毒素が発汗によって、排出されるのでセルライトや浮腫み対策には効果がありますが、ダイエットに直結するかと言えば、【入浴で痩せることはない】のです。

■食欲を抑える入浴術とは?

体重を減らすダイエットに直結しない入浴ですが、食欲を抑えて、ダイエットをサポートすることは出来ます。その方法とは【食前に入浴すること】

入浴によって体内を巡る血液が皮膚の表面に集中します。胃や腸への血液循環の量が抑えられ、それらの働きが低下するため、食欲自体も抑えられるというメカニズムです。反対に、食後に入浴すると、食べ物の消化活動で活発になっている胃や腸の働きが抑えられてしまい、胃痛に繋がってしまいます。消化活動を妨げることは何のメリットもありませんので注意しましょう。食前の入浴法としては、40℃の湯に15分程度浸かることがポイントです。

「最近食べる量が増えてしまった…」なんて食欲の秋に負けているそこのあなた!是非今日から実践してみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

馬場さおり
馬場さおり記事一覧
ヘアーモデル、パーソナルスタイリストやパーティープランニングなどを経験したのち、予防医学を基盤とした美療情報サイトCREVIAを発足、ディレクションとライティングを行い、日本健康教育振興協会の病気にならない体作りを行うために必要な医学的知識を要する予想医学エデュケーターディプロマ取得。現在は、美容や健康情報に限らず、恋愛や旅行、ファッションなど幅広いカテゴリーで記事を配信中。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!