絶対ヤメテ!ブスになっちゃう睡眠前のNG習慣

この記事は約 0 41 秒で読めます。

”寝ている間に肌はつくられる”といわれているように、睡眠はとっても重要。ただ、長い時間寝たら美肌になるわけではありません。大切なのは、時間より質!では、今回は睡眠の質を悪くしてしまう、睡眠前のNG習慣をご紹介します。

■眠る直前までパソコンやスマホを見る
パソコンやスマホ画面のブルーライトは、睡眠に必要なホルモンメラトニンを減らすといわれています。眠る前に使用するのは控えましょう。ベッドに入りながらテレビを見るもの避けるべき。

■コーヒーや緑茶などのカフェイン入りの飲み物を飲む
興奮作用のあるカフェインで、かえって目が冴えてしまうことも。眠る前は、セロトニンのもとになるトリプトファンが豊富な牛乳を飲むようにしましょう。温めてホットミルクで飲むのがおすすめです。

■汗をかくほどの激しい運動をする
激しい運度をして疲れると、ぐっすりと深く眠れそうな気がしますが、やりすぎると、興奮したときにでるアドレナリンが分泌されてしまいます。部屋の明かりを暗くしてリラックスをしましょう。

体の中では眠っている間に、日中に受けたダメージの修復や回復、再生を行ってます。その働きは、深い眠りのときに分泌される成長ホルモンがカギを握っています。しかし、眠りの浅い質の悪い睡眠では、この成長ホルモンも少しだけしか分泌されません。この成長ホルモンは、美肌をつくるほか、疲労回復、脂肪燃焼、免疫力を高める効果も。今日の夜から、眠る前のNG習慣は封印しましょう!

★PR スピカズでは睡眠の質を高めるサプリを開発中!発売予定は12月中旬になります。お楽しみに!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

奈良 留美子
奈良 留美子記事一覧
株式会社スピカズ代表。大学卒業後、大手通販化粧品会社に就職し、化粧品のプロモーションを手掛けたのち、いくつかの通販化粧品会社を経て、2008年に独立。自身で企画した化粧品やサプリメントなどをインターネットを中心とした媒体で販売している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!