ひと月に性格が4回変わる!?女性の身体とホルモンの関係をご存知ですか? その3

この記事は約 1 13 秒で読めます。

さて、今回は排卵後の身体の変化をご紹介します。

3)しっとり期(14日目~21日目)

排卵後、エストロゲンが減少しプロゲステロンが上昇し始めます。

<身体の状態>

・妊娠に備え子宮内膜が厚くなるので、下腹部に不快感や違和感を感じやすい
・脂肪分が燃焼されにくく、食べた分だけ身体につきやすくなる
・皮脂分泌が活発になり、ニキビなどの肌トラブルが起きやすくなる

<心の状態>

・思考が冷静になり性欲も抑えられ、アクティブに行動することを制御するようになる
・感情の起伏が激しくなり、人格に二面性がでやすくなる

<アドバイス>

不摂生は肌トラブルにそのまま繋がるので、この時期は特に規則正しい生活を送るように心がけましょう。また、燃焼率が下がるので脂肪分・糖分の取りすぎは注意して下さいね。生理の経血に備え、ミネラルなど栄養素を補給しておくといいでしょう。

4)イライラ期(21日目~28日目)

エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が下降し始め、特にプロゲステロンの影響が一番強く現れます。また、男性ホルモンの一種のテストステロンが増加する。

<身体の状態>

・体内の水分の排泄が悪くなり、浮腫みやすく便秘になりやすい
・乳房のはりや、腹痛、肩こりなどの不調が起きやすい
・ニキビ、肌荒れ、シミ、くすみなどの肌トラブルが特に起こりやすい

<心の状態>

・テストステロン増加により、攻撃的や衝動的になりやすくイライラしがちになる
・自律神経のバランスが乱れ、不安感や憂鬱な気分になり、反動で過食に陥りやすくなる

<アドバイス>

無理なダイエットやストレスになるような過度の運動はやめて、ゆっくり休むようにしましょう。重要な決め事なども、この時期はできる限り避ける方が良いですね。肌も敏感になっているので、いつもよりシンプルなケアで刺激を最小限にして下さい。

食生活では過食にならないように気を付け、カリウムやビタミンを多く含む食材を積極的に摂取しましょう。ミネラル、ビタミン、糖分をバランスよく含むバナナなどをスイーツとして食べるのもいいですよ。

いかがでしたか?こう見ると、女性の体は変化が激しく大変なのが良く分かりますね。これらのバランスを自分で把握するためにも、ご自身の基礎体温をつけることをオススメします。

筆者も基礎体温をつけるようになってからは、今の自分の状態を知ることができ、その周期に合わせたケアを行うことで、トラブルを最小限に回避できるようになりました。自分の身体と上手に付き合っていくためにも、ぜひ皆さんも参考にして下さいね。

ひと月に性格が4回変わる!?女性の身体とホルモンの関係をご存知ですか? その1
ひと月に性格が4回変わる!?女性の身体とホルモンの関係をご存知ですか? その2

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

喜田泉
喜田泉記事一覧
医療関係の仕事をしていた両親の影響もあり、自身の肌や体の悩みの改善策を学びたいという思いから、大学卒業後はドラックストアの美容部員として働く。美容知識やメイクのノウハウを学び美意識を高める。また、インナーケアの大切さや栄養成分などにも興味を持ち、登録販売者の資格を取得することで知識の幅を広げ、多くのお客様に提供する。モットーは、まずは調べて実践!コツコツ毎日積み重ね!を基に、気になることは情報収集し、日々さまざまな美容法やダイエットの研究に励む。
blog

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!