夏のメイクを1日中長持ちさせる3ステップ

この記事は約 0 55 秒で読めます。

湿度も気温も高く、汗や皮脂の分泌が活発になる梅雨から夏場のこの時期。そんなこの時期、一番悩むのは“メイク崩れ”ではないでしょうか?汗や皮脂に強い下地やファンデも発売されていますが、実はメイクする前、朝のスキンケアのひと手間で、グンとメイクのモチが良くなるんです。

ポイントは“肌をひんやり冷やして引き締める”こと。梅雨時や夏場は熱帯夜が多く、起きがけの肌はほてっています。まずは肌をクールダウンさせて引き締めることで、フェイスラインがすっきりするだけでなく、皮脂や汗の分泌を抑えてメイクのモチが良くなります。そこで今回は、1日中メイクを長持ちさせる3ステップをご紹介します!

STEP1:化粧水でひんやりパッティングを!
時間が無い朝は、「ミストタイプの化粧水を吹きかけて終了!」となりがちですが、メイク崩れを防ぐためには、化粧水の段階でのひと手間を惜しまないことがポイント!
コットンに化粧水を含ませてやさしくパッティング。肌がひんやりとするまで行いましょう。

STEP2:乳液はハンドプレスで!
化粧水で水分チャージをしたら、次は水分が逃げないように乳液でフタを。
顔全体につけ、マッサージするようになじませたら、手のひら全体で顔を覆うようにハンドプレス。手の体温でじんわりと浸透させると、肌表面もベタつき知らずに!

STEP3:最後は水ありファンデで引き締めて!
スポンジを水に付け、ギュッとしぼります。このとき、水分が残り過ぎても、絞り過ぎて水分が無くなってしまうのもNGです。適度な力で絞って、スポンジの半分くらいにファンデをつけ、スーっとフェイスラインから滑らすようにファンデーションを塗ります。
クマやくすみなどの気になる部分には、ファンデーションで隠そうとせず、事前にコンシーラーでカバーしておきましょう。ファンデーションで隠すと厚塗りになり、汗や皮脂などでメイクが崩れやすくなってしまう原因になります。

ちょっと面倒かも…、と思うかもしれませんが、この3ステップでメイクのモチが全く変わります!朝のひと手間を惜しまず、いつもより5分だけ早起きして、1日中メイクが崩れないサラサラの肌をつくりましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

鈴木 絢子
鈴木 絢子記事一覧
大学在学中、北京大学に短期語学留学し、中国上海TVのリポーター、中国雑誌の企画・ライターとして活動。大学卒業後、大手美容外科・化粧品会社の広報PR担当を経て、広告代理店で薬事法・ライターの専門の部署を設立。美容・健康食品関連のコンサルティングで携わった企業は500社を越す。独立後は美容コンサルティング会社 (株)エリートレーベルを設立し、化粧品・健康食品のプロデュースや、講演、MC、メディア出演、執筆など幅広く活動中。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!