目が老け顔を加速させている!?意識するだけで脱・オバサン顔

この記事は約 1 0 秒で読めます。

「童顔なのに年上に見られる」「どんなに美容を頑張っていても老けて見られる……」「笑顔が怖いと言われる」思い当たることはありませんか?それは、顔全体で表情が出ていても、目に表情が出ていないから。

このように何故か老けて見られる方は、『瞳がオバサン』になっている可能性大です。無意識にのうちに目に動きがなくなり、死んだ魚のような目になっています。

目指したいのは、キラキラ輝いていて生命力に溢れている子どもの瞳!世間のしがらみによって失われた瞳の輝きを取り戻すだけで一気に若返ります!今回は、目力を意識するだけで、明日から若返る「脱・オバサン顔」の方法をご紹介します。

■1 好奇心旺盛になる
 
子どもの時のように、毎日ワクワクしましょう!ワクワクすると心から瞳が活き活きとしてきます。しかし、「毎日が楽しい!生きているってスバラシぃ……!」と常に思うのはかなりハードル高いですよね。そこで次です。

■2 笑う時、目を閉じたり開いたりを繰り返す
 
「笑顔が怖い」といわれる場合、目に表情がない場合が殆どです。そのような場合、笑いながら目を閉じたり開いたりを繰り返しましょう。そうすることで、あたかも楽しそうに見えます!目が笑っているように見えると若々しく見えます。

しかし、慣れるまでは挙動不審なのと「目がショボショボしている?」と思われるリスクもあるのである程度練習が必要です。そこで切り札です。

■3 強調したいワードや語尾の時だけ目を見開く

これは単に若返るだけでなく、面接や商談の時などにも非常に有効なテクニックです。話をする時、強調したい時や語尾の時だけ、目を大きく見開き、目力を込めます。それだけで活き活きとした瞳になります。歌舞伎役者のように眉毛の上に力を入れて、おでこを狭くして、できる限り大きく目を見開きます。

これを定期的に行うことで、凝り固まった目の周りの筋肉が柔らかくなり、自然と目に表情がつきやすくもなります。

目に表情がなく生気を感じられない瞳は、話す時に目を大きくしたり、小さくしたりと動かしていくよう意識するだけで明日から改善できます。また、目を大きくすることで自然と相手をよく見て話すようにもなるので人と話すのが苦手という方にもオススメです。明日の「おはようございます」の一言から始めてみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

逢坂千里
逢坂千里記事一覧
大学在学中、史上最大のデブ期到来。学校の体育以外での運動経験がなかったが、何を血迷ったかダイエット目的でベリーダンスを始める。その後3週間でウエスト-2cm、太ももに隙間を発見する。下手の横好きで7年継続し、8キロ以上痩せる。 ベリーダンスの楽しさと美容の効果を多くの方に伝えたいと思い、講師業もスタート。妖艶なイメージの強いベリーダンスだが、キュートで明るい振付と、丁寧でアットホームなレッスンには定評がある。各種イベント、レストランショー等で活躍の場を広げつつ、他ジャンルアーティストとのコラボ等、イベントの企画にも精力的に力を入れている。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!