結局何がいいの!?本当にダイエットに効くお茶5選

この記事は約 1 25 秒で読めます。

一時期ブームになったダイエット茶。痩せるお茶はこれ!と、これまでに多くのお茶が紹介されてきました。でも色々なお茶がありすぎて、結局のところ何を選べばいいのかよく分からない。といったことはありませんか?

実は、ダイエット目的でお茶選ぶにはコツがあるのです!それは、目的やその時の食事によってお茶を選ぶこと!そこで今回は、本当にダイエットに効くお茶を用途別にまとめてみました。

ダイエットに効果的なお茶5選

■1 油っこいものを食べる時はプーアール茶!

唐揚げ

プーアール茶に含まれる「重合カテキン」は、腸内で脂肪分の分解や吸収の抑制し、消化を促進してくれる働きがあります。よって油の多い料理の際に一緒に飲むと、より効果を発揮してくれます!また、プーアール茶は体を温める作用が強いお茶なので、冬場や冷え性の方にもオススメです。

■2 運動前には烏龍茶を!

運動

烏龍茶に豊富に含まれる「烏龍茶ポリフェノール」は、体内の脂肪分解酵素「リパーゼ」を活性化させ、体脂肪を燃焼させる効果があります。特に運動(有酸素運動)をする際に効果を得やすいので、運動の30分前に飲むのがお薦めです。また、烏龍茶には「サポニン」という成分が多く含まれていて、油分の吸収を防いで体外に排出する働きがあります。

■3 甘いものを食べるときはギムネマ茶!

カップケーキ

ギムネマ茶に含まれる「ギムネマ酸」は、腸内で糖分の吸収を抑制する働きがあります。血糖値の急上昇を避け、インシュリンの過度の分泌を抑えるため、体内に脂肪が蓄積されるのを防いでくれます。特に血糖値が上昇しやすい、甘いものを食べる際に飲むのが効果的です!お湯に浸しすぎると苦味が強く出るので、お茶を出すときに注意すると良いです。

■4 とにかく食欲をおさえたいなら、ガルシニア茶!

食欲

ガルシニアの果実には「クエンブドウ糖」という、脂肪の吸収を抑制する成分が含まれています。また、食後に血糖値が下がるのを緩やかにしてくれる効果があるため、満腹感が持続し、お腹が空いたという感覚が少なくなります。飲み方は、食後30分以内がお薦めです。自然と食事量が減り、食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。

■5 便秘を解消!万能な緑茶

便秘

緑茶に含まれるカテキンは殺菌作用が強く、腸内の悪玉菌を殺菌し、善玉菌を活発に働かせる効果があります。よって、整腸作用が期待でき便秘解消に効果的です。また、カテキンは糖分を分解する酵素と結びつき、吸収を抑制する効果もあります。

緑茶は高い温度で淹れたほうが、カテキンが多く抽出されるので、水出しよりも熱湯で入れるほうがお薦めです。効果を得るには習慣的に飲むことが大切なので、一度にたくさん飲むのではなく、日頃からこまめに摂ることが大切です。

以上、単にダイエットに効くお茶といっても、効能はそれぞれ異なります。お茶選びは、食べ合わせや、目的に合わせてチョイスすることがポイントです。また、お茶は「飲んだらすぐに痩せる」というものではありません。

効果を実感するために肝心なことは、毎日続けて飲むことが大切です。かといって無理に飲むとストレスになってしまいます。まずは普段何気なく飲んでいるジュースやコーヒーを、自分が美味しいと思うお茶に変え、少しずつ慣れながらお茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

梅原けい
梅原けい記事一覧
食品商社を退職後、栄養士・フードコーディネーターとして活動。現在はレシピ・商品開発を中心に、フード撮影、執筆、コンサルティング、キッチン雑貨のプロデュースなど幅広く活動する。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!