捨てるなんてもったいない!野菜のクズが美肌をつくる!?今、話題の「べジブロス」の美容効果とは?

この記事は約 1 13 秒で読めます。

野菜は美容にも健康にも必要不可欠なものです。ただ、調理の時に出る野菜の皮やヘタ、種や根っこなどの使わない部分は普段捨ててしまいますよね。しかし、この野菜のクズにこそ驚くべき栄養素がたっぷり詰まっていたのです!今回は、野菜の栄養や旨みを丸ごと摂取できる「ベジブロス」で美肌になれる方法をご紹介したいと思います。

◆実は栄養の宝庫!美肌スープと言われる「ベジブロス」って何?

ベジブロスは、調理の際に使われない皮・種・ヘタ・根っこなど野菜クズとして捨てられてしまう部分を、コトコト煮出してつくる野菜出汁のことです。

野菜のVegeべジと出汁のBrothブロスで「べジブロス」と言われます。

実は、今まで捨てていた皮や根っこの野菜クズには、老化や病気を防いでくれる「ファイトケミカル」という植物由来の抗酸化物質が凝縮されているのです。

◆ファイトケミカルの効果とは?老けない身体づくりを実現!

032803

ファイトケミカルは、植物が紫外線や虫などから身を守るために作り出した栄養素です。

実は、美容に良いとされるポリフェノールやイソフラボンやリコピンなども、このファイトケミカルの一種なのですよ。これらは、老化の原因となる活性酸素を除去するだけでなく、身体の細胞を活性化させるアンチエイジング効果が期待できることで有名ですね。

ファイトケミカルは人の体では作ることができないので、飲めば飲むほど老けにくく若々しい身体でいることができるのです。

◆コトコト煮出してたっぷり吸収!費用も時間もかからないベジブロスの作り方と活用法

032802

ファイトケミカルは細胞壁に囲まれているので、生で食べるだけでは胃腸で吸収されずに、大部分が排出されてしまいます。熱を加えることで細胞壁が壊れ、体内に吸収されやすくなるのです。

野菜のクズを使うので余分な費用もかからず、作り方もとても簡単なので是非試してみましょう。

<ベジブロスの作り方>

<材料>

野菜の切れ端(皮・種・ヘタ・根っこなど)両手いっぱい分
水 1300ml
酒 小さじ1

<作り方>

1 調理で残った野菜のクズをしっかり洗い、水と一緒に鍋に入れる。
2 臭み消しと、旨味を引き出すために酒小さじ1を加える。
3 弱火でコトコト20~30分じっくり煮出す。
4 冷めたらザルで濾せば、黄金色のべジブロスが完成。

できあがったベジブロスは冷蔵で3日、冷凍で1ヶ月ほどの保存が可能です。製氷機などでキューブにして作っておくと、調理の時に活用しやすいですよ。

筆者はお味噌汁の出汁やカレーなどに使っていますが、より旨味とコクが増して味が格段に美味しくなります!

簡単で美味しく野菜を無駄なく使って、さらにキレイになれるなんて素敵ですよね。これからは野菜の切れ端は捨てずに活用していきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

喜田泉
喜田泉記事一覧
医療関係の仕事をしていた両親の影響もあり、自身の肌や体の悩みの改善策を学びたいという思いから、大学卒業後はドラックストアの美容部員として働く。美容知識やメイクのノウハウを学び美意識を高める。また、インナーケアの大切さや栄養成分などにも興味を持ち、登録販売者の資格を取得することで知識の幅を広げ、多くのお客様に提供する。モットーは、まずは調べて実践!コツコツ毎日積み重ね!を基に、気になることは情報収集し、日々さまざまな美容法やダイエットの研究に励む。
blog

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!