頑固な毛穴の黒ずみの原因は、毎日使っている○○○クレンジングだった!

この記事は約 1 4 秒で読めます。

※出来たら手鏡で自分の顔を見ながらこの記事を一読下さい。

鏡に写った自分の顔をよく観察してみると、小鼻や額のTゾーン、あご下など、毛穴が黒ずんでいませんか?この黒住の正体は角栓。いつの間にか毛穴にたまり、酸化して黒くなっています。

ではその角栓の正体は何かというと、皮脂と古い角質です。これは日頃のクレンジングで落としきれなかったメイク汚れや、花粉、PM2.5などの大気汚染物質が肌に付着しそのまま毛穴に残ることが原因です。さらにクレンジング剤そのものが完璧に洗い流されず肌に残り角栓の原因になっていることも多くあります。

◆落としきれないメイク汚れとクレンジング剤が毛穴の黒ずみの原因!

051603

普段使用しているクレンジングは何タイプでしょうか。

オイル、ミルク、ジェル、バームなど様々な形状が出ていますが、一番普及しているのがオイルタイプです。

きっとこの記事を読んでくださる人もオイルタイプを使用している人が多くいると思います。オイルなので濃いメイクもスルリと簡単に落ちて面倒なメイク落としの時間を短縮してくれます。非常に便利アイテムなのですが、実は肌残りが一番しやすいタイプでもあります。

クレンジングオイルの主な成分は石油を原料とした鉱物油。肌に入っていくことは無い成分なので、肌に残りやすい特徴があります。その状態が何年間も続くと肌に与えるダメージが大きく、次第に肌トラブル化していきます。

◆クレンジングは必ず“鉱物油フリー”の表記を確認して!!

クレンジングオイルの使い心地のよさに、オイル離れしたくない女性も多いと思います。安心して下さい、全てのクレンジングオイルが悪いわけではありません!

最近では肌残りの原因となる、鉱物油が入っていない“鉱物油フリー”タイプのクレンジングが多く販売されています。これなら、よくメイクも落とし、肌や毛穴に負担がかからないので安心して使用できます。

購入前は必ず“鉱物油フリー”が表記されているか確認するのが美肌への近道です。オイルタイプに限らずミルクタイプにもよく鉱物油は使用されているので、ミルクタイプ派にも同様のことが言えます。

一度、毛穴が黒ずんでしまうとメイクでは簡単に隠しきれなかったり、鏡を見る度に気分も落ちてしまいますよね。

優秀なスキンケアアイテムを探すのと同時に優秀なクレンジング探しも同時にオススメします♪

ナチュラルアロマクレンジングのオイルは、植物由来の肌に優しいクレンジングオイルです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

玉絵ゆきの
玉絵ゆきの記事一覧
モデル、ライター。モデル活動の傍ら、ブログに書いているライフスタイルやおすすめの美容法が好評。最近では執筆活動に力を入れ、活動の幅を広げながら「玉絵ゆきの本」を出版する為に邁進中。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!