ベタつくからと言って油断禁物!「乾燥肌をこじらせない」ためのお手入れ法5つ

この記事は約 2 35 秒で読めます。

例年より早く、関東地方も梅雨入りしました。「乾燥の季節はもう終わり」「梅雨時期は肌がベタつくから、スキンケアをさっぱり系に変えよう」そう思っている方も多いでしょう。ですがその考え、乾燥肌を悪化させる可能性大! 

これからの季節は、エアコンの使用やじんわりとにじむ汗の影響で、肌が乾燥してカサつきやすい要注意時期なのです。さらには、今しっかりと乾燥肌対策をしておかないと、夏の厳しい環境に肌が耐えられなくなってしまうことも……。

では、一体どのようなケアをしたら良いのでしょうか。ここでは、コスメコンシェルジュの資格を持つ筆者が、この時期「乾燥肌をこじらせない」ための対策【スキンケア編】をお伝えしていきたいと思います。

■1 脱・ゴシゴシ洗顔! 洗顔は泡で包み込むように

060701

スキンケアのファーストステップ“洗顔”。近年は、「洗顔はたっぷりの泡で」という暗黙のルールが浸透しつつありますよね。

反対に、ゴシゴシ洗顔は肌表面に細かな傷をつけ、バリア機能を低下・乾燥を進行させるNGケア。「ベタつくから」と言って、ブラシやスポンジを使ってデイリー洗顔をするのはあまりオススメできません。

清潔な手で洗顔料を泡立てたら、泡で包み込むように優しく洗顔していきましょう。ポイントは、「肌に指が触れないくらい」の感覚で、皮脂の多い額~鼻周り~顎から洗っていくこと。

■2 ベタつく人=隠れ乾燥肌!? 徹底保湿を

060702

肌が脂っぽくベタついて見える・感じるという方は、“インナードライ肌”である可能性が。角質層の水分が不足して起こる肌内部の乾燥は、皮脂の分泌量を増やします。

梅雨時期~夏の間も、「潤いのフタをする」クリームは必須。そして、気を付けたいのが手のひらの温度。手のひらが冷えていては、クリームの浸透の妨げになります。手のひらを温めてから優しく肌に触れるようにして、しっかりと浸透させましょう。

季節の変化とともにスキンケアをさっぱり系に変えた方は、今一度徹底した保湿を心がけてみて。

■3 コットンパックは5分ではがす!

乾燥肌対策として取り入れている方が多い“コットンパック(シートパック)”。肌に潤いを与えるのに効果的なのですが、使用時間には注意が必要。なぜかと言うと、長時間コットンパックをしていると、コットンが乾いて肌が持っている水分を奪っていってしまうから。肌を潤すためにしていたことが乾燥肌を進行させていたなんて、本末転倒ですよね。

「コットンパックをしているのに、肌が潤わない」とお悩みの方は、コットンが乾く前の5分程度を目安に使用しましょう。市販のシートマスクを使う際は、説明部分に記載されている時間内にはがして。

■4 ミスト化粧水<乳液で保湿!

060703

メイクの上から手軽に使えるミスト化粧水なのですが、成分が水に近いものや保湿効果が低いものには要注意。肌表面で蒸発して、乾燥を招く原因にもなりかねません。そのうえ、噴射したミストがアイメイクを崩し、メイク直しに余計な時間を要するようになることもあります。

日中の乾燥が気になる方は、ぜひ乳液を使ってみてください。方法はとても簡単。少量を手のひらに広げたら、乾燥が気になる部分を抑えるようにして馴染ませて。この方法ならメイク崩れやヨレも少なく、かつしっかりと潤いを届けられるのでオススメです。

■5 乾燥肌対策=セラミドと心得るべし!

乾燥肌対策には肌の保湿が重要ですが、肌の保湿というと化粧水をたっぷりとつけると思い込んでいる方も多いのではないでしょうか?

以下の項目に当てはまったスキンケアをしていたら、今すぐ保湿ケアを見直してください。

肌の保湿に対する間違ったスキンケア

060901

× 乾燥肌対策に、化粧水をたっぷりとつける
× 肌に水分を届けるために、シートマスクを10分以上つける
× 化粧水が蒸発しないように、油分でフタ
× テカリ肌なので、保湿ケアはしない
× 肌の水分を逃さないために、洗顔料はしっとりタイプを使っている

肌の角層の水分を保っているのは、「皮脂」「天然保湿因子(NMF)」「セラミドなどの角質細胞脂質」の3つがあります。とくに角層の水分の80%以上がセラミドなどの角質細胞脂質が守っています。ですから、乾燥肌対策に一番有効なのは、セラミドやヒアルロン酸などが配合された化粧品を選ぶこと。

ただし、セラミドは水溶性の物質ではないので、化粧水に配合するのは難しいです。美容液や乳液、クリームなどを選ぶようにしましょう。また、セラミドにも様々な種類がありますが、とくに保水力にすぐれているセラミド1、セラミド2、セラミド3が配合されている化粧品を選んでくださいね。

■化粧品を選ぶときは、成分チェックを!代表的な保湿成分

060902

乾燥肌対策には、化粧品に配合された成分が重要だとお伝えしましたが、セラミド以外にも保湿成分はあります。それぞれの成分の特徴を知って、自分の肌に合う保湿成分を見つけてくださいね。

1)水分をはさみこむタイプ

・セラミド 水分を強力にはさみこんでキープする特性があります。湿度が下がっても、水分をキープできる最強の保湿成分

2)水分を抱えこむタイプ

・ヒアルロン酸 真皮にあるゼリー状の物質。

・コラーゲン 真皮ではアdン力を保つ働きがありますが、化粧品に配合されている場合は保湿成分になります。真皮までは届きません。

3)水分をつかむタイプ

・天然保湿因子(NMF) 角質細胞内にある水溶性の成分。アミノ酸など、約20種類の成分で構成されています。

「ベタベタ」「不快」「気分が晴れない」などの理由から、梅雨時期のスキンケアはちょっぴり手抜きになりがち。その間に乾燥も進行してしまいます。

肌の乾燥は、しわやたるみ、にきびに直結。乾燥肌やそれにともなう肌トラブルをこじらせないためにも、しっかりとスキンケアの土台を整えておきたいものですね。

<関連商品>
乾燥肌対策にはバランシングゲルがおすすめです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

高木沙織
高木沙織記事一覧
美容ライター/ヨガインストラクター  2度の海外留学を経て、航空会社で勤務。退職後は、「まずは自分が試してみる!」という実践美容をモットーに、フットワークの軽さと行動力を生かして、美容ライターの活動をスタート。 “美容と食には密接な関係がある”ことから、『ジュニア・スーパーフードマイスター』『スーパーフードマイスター』、その他野菜、果物、雑穀など、複数の「食」に関する資格を取得し、ビューティーフードアドバイザーとしてフード系のイベント講師・執筆に携わる。 2016年からはヨガインストラクターの活動も開始。多角的に美容・健康をサポートする。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!