お米を食べないのは逆効果!?ダイエット成功への鍵はお米にあった

この記事は約 1 14 秒で読めます。

お米=太るというイメージが浸透している現代。お米は糖質の固まりだから、あまり食べないほうがいい!という常識が定着しつつありますよね。

でも本来、日本はお米中心の食文化。昔の日本人はお米中心の食事をしても、そんなに太っていませんでした。

遺伝子的にも日本人にはお米が合っていて、健康的にダイエットをしていくにはお米が必須なのです!

■お米を抜いたら痩せる!の落とし穴

062102

低糖質ダイエットの流行で、お米を抜いておかずだけを食べるという方法が広まりました。ですが炭水化物を一切取らないというのは継続が難しく、食事に満足感が得られないため、間食をしてしまう方が多い様です。

間食でスナックや菓子パンを摘んでしまったら、意味がないですよね。

062105

お米の代わりにパンや麺類で炭水化物を摂ることもできますが、小麦を粉末にして使ったこれらの製品は血糖値が上昇しやすく、腹持ちも良くないため、すぐにお腹が空いてしまいます。

また製造する過程で、ダイエットの大敵である油や砂糖が含まれている場合も多いので、注意が必要。

総合的に考えても、お米で炭水化物をしっかり摂って、間食を控える方がリバウンドしにくく、ダイエットへの近道になります。

■お米は美肌にも最適な食品だった

062103

お米は糖質の固まりで、栄養がないと思われがちですが、実はとても栄養バランスの摂れた食品です!糖質だけではなく、ビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄分など、しっかりと栄養素が含まれています。

食物繊維も入っているので、腸内環境を整え、便秘を解消し、肌の調子を整える効果も期待できますよ。

■ダイエット中にお米を食べるとき、気をつけたいこと3つ

1)食べる順番を気をつける

062104

良いことばかりのお米ですが、当然糖質は高いので気にせずたくさん食べていたら太ってしまいます。上手な食べ方として、食事の際の食べる順番を意識しましょう!

最初にご飯を食べるのではなく、まずはサラダなどの野菜、次に肉や魚などのタンパク質、最後にご飯という流れが、最も太りにくい食べ方です。

2)よく噛んで食べる

噛むことは、過程の中でエネルギーを消費する事でもあります!しっかり噛むだけで消化もしやすくなり、満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐことにも繋がります。

3)雑穀や玄米を加えてみる

雑穀や玄米が体に良いことは周知の事実ですよね。少し加えるだけでも、ビタミンや食物繊維がぐんとアップします。白米が好きな方は毎日でなくても構いませんが、炊くときに雑穀を加えたり、半分だけ玄米に変えてみることで、ダイエット効果が増しますよ。

炭水化物を一切摂らないといったような無理なダイエットではなく、適量のお米でバランスの良い食事を心がける方法。負担の少ないやり方で、長期的にも綺麗でいられるダイエット法を選択していきたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

梅原けい
梅原けい記事一覧
食品商社を退職後、栄養士・フードコーディネーターとして活動。現在はレシピ・商品開発を中心に、フード撮影、執筆、コンサルティング、キッチン雑貨のプロデュースなど幅広く活動する。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!