ギラギラ暑~い夏を元気に過ごす4つのヒント!

この記事は約 0 54 秒で読めます。

こんにちは!キレイナビの飯塚美香です。暑い日々、気を付けなくてはならないのが熱中症と夏バテ。日中外出をしないから大丈夫、という方でも、室温や湿度が高いために熱中症になる場合があります。かといって冷房で室温を低くし過ぎると外との温度差でひどい夏バテになることも。どちらも注意が必要です!

水分補給と室温•湿度の調整が大切
喉が渇く前のこまめな水分補給、体を締め付けない涼しい服装を心がけ、室内にいる時はエアコンや扇風機を上手に使い、室温、湿度を調整しましょう。外との温度差を5度以上にしてしまうと、体の温度調整機能がついていけません。28度設定がおすすめです。

夏バテを防ぐ食べ物
暑いと食欲が下がってしまいますが、栄養が不足してかえって夏バテをまねきます。少量であっても栄養のバランスは心がけましょう。

夏バテをふせぐためには、ビタミンB1、B2、B6などのビタミンB群、マグネシウム、クエン酸、ビタミンC、アスタキサンチンなど疲労回復に役立つ栄養素を積極的に摂りましょう。

ビタミンB群が多い食品・・・豚肉、ウナギ、レバー、豆類、乳製品
マグネシウムが多い食品・・・ひじき、納豆、あさり、しらす干し
ビタミンCやクエン酸が多い食品・・・レモン等の柑橘系、キウイフルーツ、トマト、
アスタキサンチンが多い食品・・・海老、蟹、鮭

冷たい飲み物に注意
暑いと冷たい飲み物をゴクゴク飲みたいですよね。でも、なるべくキンキンに冷えた飲み物は控えめに。体内が冷えたり、胃液が薄まることで消化機能が低下してしまいます。常温のお水を飲んだり、外食の時には氷抜きをオーダーしましょう。

普段から汗をかく習慣を
あまり汗をかく習慣がない方は、暑い時に上手に汗をかくことができず、熱が体にこもってしまいがちです。ぬるめのお湯で半身浴をしたり、軽い運動で普段から汗をかいておくと楽になりますよ。

なんだかだるいと感じたら、部屋の温度と湿度を調整して、何も考えずにぐっすりと睡眠をとることも大切です!
疲れやストレスは溜めずに上手に解消して、暑い夏を元気に乗り切りましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

飯塚 美香
飯塚 美香記事一覧
有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」やエステ予約サイト「美得」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし、主にWEB上でライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やECショップのメールマガジン作成など担当する。また、インターネットに留まらず全国各地で美容イベントを開催。美容薬学や薬膳マイスターの資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。個々の悩みに応じたレシピを作成するヘルシーレシピ研究家としても活動。体調に合わせたレシピを作成し講習会で発表している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!