血糖値が上がらない砂糖!?低GIのココナッツシュガーはダイエットの味方!

この記事は約 1 19 秒で読めます。

血糖値が上がらない砂糖!?低GIのココナッツシュガーはダイエットの味方!

ダイエット中に禁物と思われている砂糖ですが、実は砂糖の中でも血糖値をあげにくく、脂肪として蓄積されにくい砂糖があることをご存知でしたか?

甜菜糖やメープルシュガーなど、白砂糖よりもヘルシーな天然甘味料は多々ありますが、中でも今最も注目されているのが、ココナッツシュガーです!今回は、驚異の低GI甘味料として話題のココナッツシュガーについて、ご紹介いたします。

■ココナッツシュガーとは?

ココヤシの木の花や、花のつぼみから集めた蜜を、じっくり煮詰めて乾燥させて作った砂糖のこと。茶褐色でブラウンシュガーのような見た目ですが、優しい甘さで、キャラメルに似た香ばしい風味があります。

ココナッツの香りはあまり感じず、癖が少ないので、料理やお菓子作りに使用するのもおすすめです。

また、他の砂糖類と比較しても栄養価がかなり高く、ビタミンや食物繊維など女性に嬉しい栄養素を豊富に含んでいます。

■ココナッツシュガーがダイエットに最適な理由3つ

1 驚異の低GI食品

112202

GI値とは「グリセミック・インデックス」の略で、摂取後の血糖値が上がるスピードを、ブドウ糖を100として表した数値です。
この数値が低ければ低いほど、血糖値が上がりにくく脂肪も付きにくいと言われています。

代表的なお砂糖のGI値は、下記の通りです。

<GI値の例>

グラニュー糖 ・・・・・・・・110
白砂糖 ・・・・・・・・・・・100
三温糖 ・・・・・・・・・・・108
黒砂糖 ・・・・・・・・・・・•99
蜂蜜・・・・・・・・・・・・・88
メープルシロップ ・・・・・・・73
ココナッツシュガー :・・・・・•35

ココナッツシュガーは自然界の糖類の中でもダントツでGI値が低く、今世界的にも注目されています。

他の砂糖とは違い、摂取後に血糖値が急激に上がりにくく、体内に余分な脂肪がたまらないため、ダイエット中には最適な砂糖です。

2 ダイエット中のイライラを防ぐ

112203

ココナッツシュガーは、ビタミンB群が大量に含まれていることで有名です。
ビタミンB群は不足すると、集中力の低下、イライラ、睡眠障害などの症状を引き起こしやすくなります。

特にダイエット中は、ストレスが溜まりやすいので、ビタミンB群が不足しやすい状態。コ効率的にビタミンB群を補給し、ダイエット中のイライラを防ぎましょう。

3 便秘解消効果

112204

水溶性食物繊維のイヌリンを含むココナッツシュガーは、便秘解消にも効果があります。

イヌリンは腸内で善玉菌のエサとなるため、腸内環境が整います。また、余分な脂肪や糖分などの老廃物を絡めとって体外に排出してくれるため、デトックス効果も高く、健康的なダイエットの実現にも繋がります。

様々な効能があるココナッツシュガー。ダイエット中に甘いものが食べたくなった時、ぜひ利用してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

梅原けい
梅原けい記事一覧
食品商社を退職後、栄養士・フードコーディネーターとして活動。現在はレシピ・商品開発を中心に、フード撮影、執筆、コンサルティング、キッチン雑貨のプロデュースなど幅広く活動する。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!