2016年美肌県第一位は・・・●●県!名産食材の組み合わせが最強だった!

この記事は約 1 12 秒で読めます。

『POLA(ポーラ)』が持つ全国47都道府県、累計1,600万件を超える「肌のビッグデータ」を活かして導かれた2016年“美肌県グランプリ2016”。栄えある第一位は……、広島県でした。

なんでも、広島県で暮らす女性の肌は、「くすみがない」「毛穴が目立たない」「キメが整っている」のだそう。羨ましい限りですよね。

とは言っても、住環境を変えるのは至難の業。では、食べ物を変えてみてはいかがでしょうか。

ここでは、美肌県第一位の「広島県名産の美肌食材」をご紹介していきたいと思います。

■1 牡蠣

120601

広島と言ったら、“牡蠣”。その生産量は、なんと全国一位。それは、広島湾の地形や潮流、水温、塩分濃度、プランクトンの多さが牡蠣の生育に適しているからなのだそう。

11月頃から美味しくなりはじめ、1~2月に旬を迎える牡蠣は、有害物質を分解・処理して体外に排出させる“解毒”の働きを持つ肝臓を強化することに期待されています。肝機能が向上すると、美肌作りに欠かせないビタミンA・Eの貯蔵やホルモンの代謝、ダイエットに嬉しい基礎代謝がUPするなど美容・健康に嬉しいことがたくさん。

それだけではありません。普段の食生活では不足しがちな亜鉛(細胞の新陳代謝促進・免疫力アップ・肌や髪に潤いを与える)や鉄分(貧血・冷え性の予防・改善)といったミネラルも豊富に含む牡蠣は、“海の完全食品”であると言えるでしょう。

■2 レモン

120602

続いては、“レモン”。レモンもまた、生産量全国一位を誇ります。瀬戸内の温暖で雨の少ない気候が、レモンをはじめとした柑橘類の栽培に適しているのだそう。旬は10~11月なのですが、通年出回っていたり、さまざまな料理との相性が良かったり、価格も求めやすかったりするため、常備しておくと重宝します。

そんなレモンの代表的な栄養素は、ビタミンC。美肌効果や老化防止効果は、みなさんご存じのとおり。加えて、免疫力のUPや疲労回復、血流の改善、がんの抑制・予防にも役立つ栄養素を豊富に含むスーパーフルーツです。

ただし、ビタミンCは非常にデリケートなので、取り入れ方には注意が必要。熱に弱く、水に溶けだしやすいので、調理法には工夫しましょう。ミキサーでの撹拌もビタミンCを酸化させてしまうので、覚えておくと良いかも。

また、牡蠣に含まれる亜鉛と、レモンに含まれるビタミンCは相性抜群。一緒に摂ることで、亜鉛の吸収率が上がります。「牡蠣にレモンを搾って食べる」ことは、美味しさだけではなく、美容・健康面にも良いというわけなのです。

以上、美肌県“広島”で愛食される食材をお伝えしました。これからより美味しさを増す牡蠣+レモンで、みなさんも美肌を目指してみませんか?

【参考】「美肌県グランプリ2016」- POLA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

高木沙織
高木沙織記事一覧
美容ライター/ヨガインストラクター  2度の海外留学を経て、航空会社で勤務。退職後は、「まずは自分が試してみる!」という実践美容をモットーに、フットワークの軽さと行動力を生かして、美容ライターの活動をスタート。 “美容と食には密接な関係がある”ことから、『ジュニア・スーパーフードマイスター』『スーパーフードマイスター』、その他野菜、果物、雑穀など、複数の「食」に関する資格を取得し、ビューティーフードアドバイザーとしてフード系のイベント講師・執筆に携わる。 2016年からはヨガインストラクターの活動も開始。多角的に美容・健康をサポートする。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!