そのスキンケア、ちょっと待った!自らシワを深めるNGお手入れ4つ

この記事は約 1 3 秒で読めます。

目尻の細かいシワやほうれい線。その他にも、シワが気になる部分は人それぞれ。そして、そのシワを目立なくするために、スキンケアに力を入れる方は多いですよね。ですが、どういうわけか、前よりシワが目立つように……。

もしかしたらそれ、良かれと思ってやっているスキンケアが、「シワを深めるNGお手入れ」だからかもしれませんよ。

下記の項目に心当たりのある方は、要注意です。

■1 コットンでパッティング

020201

コットンでパンパンと勢いよくパッティングをすると、肌表面に、目に見えない小さな傷がついてしまうことがあります。するとそこから、バリア機能や保湿機能が低下。肌の乾燥を悪化させ、シワの原因を作ることに。

スキンケアの際は、コットンより手を使うことをオススメします。もうひとつオススメなのが、スキンケアの前に手のひらを温めておくこと。冷たい手で肌に触れると毛細血管が収縮して、スキンケアの浸透の妨げになることがあるからです。

■2 過剰なマッサージをする

スキンケアをしながらマッサージ。これは、悪いことではありません。クリームやオイルを塗った後なら……。

乾いた肌や滑りが悪い肌をマッサージすると、肌表面に小さな傷を作ったり、摩擦による刺激を与えたり、シワの原因を作ることになりかねないからです。過剰なマッサージもシワに悪影響を与えるので控えましょう。表情筋のエクササイズもまた、やりすぎには注意です。

■3 ピーリングやゴマージュの頻度が高い

肌表面の汚れ・古い角質を取るためのピーリングやゴマージュですが、やりすぎは肌の角質層を取りすぎる恐れが。

角質層のダメージは、肌表面の浅くて細かい表皮性のシワの原因になるので、ピーリングやゴマージュをする際は、回数や使用手順・適切な使用頻度を守りましょう。

■4 タオルでゴシゴシ拭く

020202

これもやりがちですよね。顔を洗うときもそうですが、拭くときもゴシゴシはNG。上記でもお伝えしてきたように、肌表面に小さな傷を作ってしまうからです……。

洗顔後はタオルでポンポンと肌をおさえるように水気を取り、乾燥が始まる前の洗顔から3分後以内にスキンケアを開始してあげましょう。

当てはまるものはありませんでしたか? 一度できてしまったシワは、簡単にはなくなりません。

毎日のスキンケアで、自らシワを深めることがないように気を付けたいものです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

高木沙織
高木沙織記事一覧
美容ライター/ヨガインストラクター  2度の海外留学を経て、航空会社で勤務。退職後は、「まずは自分が試してみる!」という実践美容をモットーに、フットワークの軽さと行動力を生かして、美容ライターの活動をスタート。 “美容と食には密接な関係がある”ことから、『ジュニア・スーパーフードマイスター』『スーパーフードマイスター』、その他野菜、果物、雑穀など、複数の「食」に関する資格を取得し、ビューティーフードアドバイザーとしてフード系のイベント講師・執筆に携わる。 2016年からはヨガインストラクターの活動も開始。多角的に美容・健康をサポートする。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!