熱いお湯でジャバーはNG!「大人ニキビを悪化させるNGお手入れ法」4つ

赤くて目立つニキビはもちろん、群発する白いニキビや膿を持った黄色いニキビ。

ニキビが顔にできると、治るまで暗~い気持ちになってしまいますよね。

ニキビケアをしているのに、なかなか良くならない」というしつこいニキビだったら、人に会うことも嫌になったり……。ニキビの悩みは深刻です。

まずは、大人ニキビができる原因と過程をご紹介します。

大人にきびができる原因とは?

10代のときにできる思春期ニキビは、成長期の過剰な皮脂の分泌が原因です。
思春期にきびは、皮脂腺が発達しているおでこから鼻にかけてのTゾーンに出来やすいのが特徴です。

一方、大人ニキビは、皮脂や肌の乾燥、ストレスや生活習慣、食生活の乱れなどと多くの要因が原因となります。

また、ホルモンバランスがくずれやすい生理前もニキビが出来やすくなってしまいます。

大人ニキビができる過程

ある日、突然ポツンとできるように見えるニキビですが、ニキビができるまでには、いくつかの過程があります。

ステップ1 毛穴に古い角質や皮脂が詰まる

古い角質や汚れが毛穴に詰まると、皮脂は外へ出られず、毛穴の中に溜まってしまいます。すると、皮脂が好きなアクネ菌がどんどん増えていきます。

ステップ2 アクネ菌が増殖

溜まった皮脂を栄養にしながらアクネ菌は増殖して、炎症を起こす物質をだします。

ステップ3 さわるだけで痛い大人ニキビに!

最終的には、炎症を起こして赤く盛り上がった状態に。赤くポツンと目立ち、さわると痛みを感じる場合もあります。

ニキビができると、以下のことをやってしまいがちになりますが、絶対やめてくださいね。

× ニキビが気になって、ついつい手で触ってしまう
× ニキビをつぶす
× ニキビを隠そうとしてファンデーションを厚塗り

これ以外にも以下のようなお手入れをしてはいませんか? 

実はこれ、「ニキビを悪化させるNGお手入れ法」なので注意が必要なのです。
それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

ニキビを悪化させるNGお手入れ法4つ

■1 洗顔・あぶら取り紙の使用頻度が高い

皮脂は、外部の刺激から皮膚を守ってくれるものなのですが、過剰に分泌されると角栓の詰まりを誘発してニキビの原因となることがあります。

このような皮脂の過剰分泌は、生活習慣や食事内容、ストレスなどが関係してきますが、皮脂の取り過ぎも良くありません。

特に気を付けたいのが、洗顔。

洗浄力が強い洗顔料の使用に加え、泡立てが不十分な状態でゴシゴシと洗うこと、そして、洗顔の回数が多いことは、過乾燥からニキビを招きやすくなります。

洗顔は、朝晩の2回で十分。

たっぷりと泡立てた洗顔料で、手が肌に触れないくらい優しく洗ってあげましょう。

肌のベタつきが気になるとき、あぶら取り紙を使用するのは悪い事ではないのですが、皮脂を取り過ぎてしまう恐れがあります。ティッシュで軽くおさえる程度で良いでしょう。

■2 洗顔時の湯温が高い

熱い湯は、体が温まるし、肌表面の触り心地もツルッとスッキリします。ですがこの熱い湯、肌に必要な皮脂まで奪っていってしまうので要注意。

入浴や洗顔時は、40度以上の湯温にならないように気を付けましょう。

■3 さっぱりタイプのスキンケアをチョイス

「ニキビがある肌・オイリーな肌を保湿する」

最初は抵抗がある方が多いかもしれませんね。

しかし、このような肌状態の方は、肌の水分・油分のバランスが崩れて皮脂が過剰に分泌している“インナードライ肌”である可能性があります。

インナードライ肌の方は、しっかりと保湿をしてあげることで、皮脂分泌が正常になり、ニキビの鎮静化にもつながります。

もし、さっぱりタイプのスキンケアを使用しているのなら、保湿に重点をおいてみると良いかも。

■4 スチーム美顔器の長時間使用

自宅でのスキンケアをリッチなものへと格上げしてくれるスチーム美顔器。毎朝・夜のスキンケアで使用している方も多いですよね。

ここで気を付けたいのが、その使用時間。温度が高いスチームを長時間浴び続けると、毛穴が開き、なかなか収縮しないという状態に。

これでは毛穴から水分が蒸発して乾燥を招き、ニキビの原因を作り出すことにもなりかねません。

スチーム美顔器は、適正時間を守って使用しましょう。

大人ニキビができてしまったときの対処法は?

ニキビというと、「アクネ菌を殺菌しなければいけない」と思いがちです。

たしかに、アクネ菌が繁殖をすることでニキビに発展してしまいますが、アクネ菌は皮膚の常在菌です。肌の表面のバランスを正常に保つ働きもあるので、肌には必要不可欠なもの。

大人ニキビができてしまうのは、一番最初に伝えた通り、ストレスや不規則な生活、食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足などと、生活のあらゆることが原因となります。

スキンケアだけでは治らないことが多いので、ニキビができないように日頃から規則正しい生活を心がけて、予防することが大切です。

それでも、大人ニキビができてしまったという場合は、

・肌の免疫力を上げるために、6時間以上の睡眠

・アクネ菌の栄養源である“油分”を控えたスキンケア

・ビタミンC誘導体が配合された化粧品を使う

これらを意識するようにしてみてください。
 

繰り返すニキビやしつこいニキビにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


この記事を書いた人

高木沙織
高木沙織記事一覧
美容ライター/ヨガインストラクター  2度の海外留学を経て、航空会社で勤務。退職後は、「まずは自分が試してみる!」という実践美容をモットーに、フットワークの軽さと行動力を生かして、美容ライターの活動をスタート。 “美容と食には密接な関係がある”ことから、『ジュニア・スーパーフードマイスター』『スーパーフードマイスター』、その他野菜、果物、雑穀など、複数の「食」に関する資格を取得し、ビューティーフードアドバイザーとしてフード系のイベント講師・執筆に携わる。 2016年からはヨガインストラクターの活動も開始。多角的に美容・健康をサポートする。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!