「化粧水=保湿」は間違い!肌の保湿にはセラミドです。

この記事は約 0 54 秒で読めます。

毎日ちゃんとスキンケアをしているのに、どうしても肌が乾燥してしまうってことはないでしょうか?それは、肌に与えている成分に着目していないのが原因です。
保湿というと、化粧水で水分を補うことだと勘違いしがち。今回は正しい保湿ケアについてご紹介します。

正しい肌の保湿とは?
保湿とは肌の水分を維持するためのスキンケアです。健康な肌の角層は、約20~30%の水分が含まれていると言われています。これが20%以下になると、いわゆる乾燥肌だといわれています。

肌の水分というと、化粧水などの水分を与えることだと思われがちですが、水を肌に与えても、蒸発してしまうだけです。正しい肌の保湿方法は、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を肌に与えることをいいます。

最強の保湿成分「セラミド」
肌の保湿物質には、「皮脂」「天然保湿因子」「セラミドなどの角質細胞間脂質」などがあります。角層の80%以上はセラミドなどの角質細胞間脂質が占めているので、肌を保湿するためには、セラミドを肌に与えることが一番効果的だといえます。

肌の水分の蒸発を防ぐセラミドが不足すると、角層の水分量が減って肌が乾燥します。そして、肌が乾燥している状態が続くと、肌は硬くなり、ゴワゴワになり、セラミド不足のお肌は、どんどん乾燥が深刻に…!

肌荒れ防止にも「セラミド」を!
セラミド不足の肌は、バリア機能も低下し、乾燥、外的刺激で肌荒れをしやすい、スキだらけの状態に。乾燥している状態なので、肌の表面もガザガザに。進行すると、シミ、シワ、たるみなどに発展します。一方、セラミドで満たされている肌は、バリア機能が高く、外的刺激からも肌を守ってくれます。

肌を保湿するということは、セラミドなどの保湿成分を肌に与えること!
ちゃんとスキンケアしているのに、肌の乾燥が気になる場合や肌荒れで悩んでいる場合は、いま使っている化粧品にセラミドが配合されているかどうか、ぜひチェックをしてみてください!

【参考】
セラミド配合のオールインワンゲル
バランシングゲル

セラミド配合のムース状美容液
バランシングムース

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

奈良 留美子
奈良 留美子記事一覧
株式会社スピカズ代表。大学卒業後、大手通販化粧品会社に就職し、化粧品のプロモーションを手掛けたのち、いくつかの通販化粧品会社を経て、2008年に独立。自身で企画した化粧品やサプリメントなどをインターネットを中心とした媒体で販売している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!