納豆は日本の美容食!その美容パワーと納豆嫌いを克服できる意外な食べ方3選

この記事は約 1 1 秒で読めます。

日本人のソウルフードとして、昔から親しまれて納豆。手軽に買うことができ、栄養面でも非常に優秀なので、毎日食べるという方もいるほどです。

健康面で体に嬉しい効果があることは有名ですが、日本人でも、あの独特な臭みが苦手…という方もいるのでは?

そこで今回は、納豆の美容・健康効果をおさらいしつつ、かつて納豆嫌いだった私が、納豆を食べられるようになったオススメの食べ方をご紹介します。

美容パワーがすごい!納豆に含まれる栄養成分

納豆で有名な成分といえば、女性ホルモンのバランスを保つ大豆イソフラボンや、血液サラサ効果が期待できるナットウキナーゼ!

どちらも他の食品に比べて、非常に多く含まれていますが、納豆の効果はそれだけではありません。

肥満を予防しダイエット効果が期待できる食物繊維や、肌荒れ改善をサポートしてくれるビタミンB群や、レシチンなど、女性に嬉しい栄養成分が豊富に含まれています。

納豆が苦手な人に!納豆の臭みを抑えたオススメの食べ方3選

1 納豆にはごま油!

納豆独特の臭みが気になる方に朗報!納豆にごま油を少し入れるだけで、臭みが抑えられ、食べやすくなります。そのまま食べるのはもちろん、ごはんにかけて納豆ごはんにしたり、冷奴にかけても美味しくいただけます。

2 納豆キムチドリア

納豆とキムチを和えてご飯にのせ、チーズをかけて焼いたヘルシードリア!発酵食品同士のキムチを加えることで、納豆独特の臭みが軽減されますよ。

納豆×キムチの組み合わせは、美容面でも相性が良くダイエットへの相乗効果が狙えます。

3 トルコ風!納豆抹茶アイス

え!?と思われる方が大半だと思いますが、一時期テレビやネットで話題になった納豆の新しい食べ方です。冷やした器に抹茶アイス、納豆を入れてよくかき混ぜたら完成です。

トルコアイスのように伸びる食感が面白い!バニラアイスよりも、抹茶アイスの方が、納豆臭を感じませんでした。また、溶けてくると納豆臭を感じやすくなるので、しっかり冷たい状態で食べるようにしましょう。

最後に、ナットウキナーゼは熱に弱い特徴があるので、納豆の味に慣れてきたら、できるだけ加熱しないで食べるのが理想です。

毎日の食生活に、栄養たっぷりの納豆を上手に取り入れながら、健康美人を目指しましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

梅原けい
梅原けい記事一覧
食品商社を退職後、栄養士・フードコーディネーターとして活動。現在はレシピ・商品開発を中心に、フード撮影、執筆、コンサルティング、キッチン雑貨のプロデュースなど幅広く活動する。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!