気が付けば汗でヨレヨレ…!メイクを崩さないために覚えておきたい3つの裏技

この記事は約 1 4 秒で読めます。

女性にとって、暑い日の困り事といえばメイク崩れ!朝は冷房の効いた部屋でキレイにメイクをしても、ちょっと外出しただけで、汗でヨレヨレ…なんてことも。

今回は、暑い日でもキレイなメイクをキープするための3つの裏技をご紹介します。

氷水洗顔で毛穴を引き締める!

夏は冬に比べて毛穴が1.2倍広がると言われています。毛穴の広がりはメイク崩れの大きな原因!まずは、朝の洗顔で毛穴を引き締めて、皮脂の過剰分泌を抑えましょう。

夏はお水で洗顔する方が多いと思いますが、猛暑の中では水道水がぬるくなってしまったり…。そんなお水では毛穴は引き締まりません。

おすすめは、洗顔の仕上げに氷水を使うこと。洗面器に水と氷を入れて、何度か肌にあてて冷やします。氷水で洗顔をすると、毛穴がキュッと引き締まり、眠たい朝もスッキリ目覚められます。

メイク前に専用の化粧下地を仕込む

春夏秋冬、1年中同じ化粧下地を使っていませんか?空気が乾燥している秋冬は保湿効果の高い化粧下地、皮脂分泌の多い春夏は皮脂崩れ防止用の化粧下地と使い分けるのがおすすめです。

皮脂崩れ防止用の化粧下地は、肌への密着度が高く毛穴を目立たなくしてくれます。また、付けると毛穴の凹凸がマットになる小鼻専用の化粧下地を仕込んでおく手も。

化粧下地とファンデーションの間に使うことで、小鼻周りが崩れにくくなります。清涼感のあるもの、ジェルタイプのものなど、夏仕様の化粧下地を選ぶのもよいですね。

保冷剤を首に巻いて外出!

氷水洗顔をして、皮脂崩れ防止用の化粧下地を付けても、気温・湿度の高い炎天下では避けられないのが汗と火照り。それを予防する裏技は、保冷剤を首に巻くこと!小さな保冷剤をスカーフで巻き、首の後ろを冷やします。

首は体の中でも太い血管が通っていますので、冷やすことで汗や火照りを防ぐことができます。アイスクリームやケーキを買った時に付いてくる保冷剤は、捨てないで冷凍庫にキープしておきましょう。

冷房の効いた室内に入ったら、スカーフごとさっと取り外せば保冷剤を当てていたとは気付かれません!

暑い日にメイク崩れを防ぐには、顔と首を冷やして皮脂と汗の分泌を防ぐこと。そして、崩れにくい化粧下地を使うこと。

また、スキンケアで油分を与え過ぎた時は、メイク前にティッシュオフ。ファンデーションやパウダーはブラシで付けると、キレイに仕上がります。

猛暑でもキレイなメイクをキープしていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

飯塚 美香
飯塚 美香記事一覧
有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」やエステ予約サイト「美得」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし、主にWEB上でライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やECショップのメールマガジン作成など担当する。また、インターネットに留まらず全国各地で美容イベントを開催。美容薬学や薬膳マイスターの資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。個々の悩みに応じたレシピを作成するヘルシーレシピ研究家としても活動。体調に合わせたレシピを作成し講習会で発表している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!