ここを変えればもっとキレイに!メイク講師が教える4つのポイント

この記事は約 1 24 秒で読めます。

JPMパーソナルメイクアドバイザーの資格を持ち、カルチャーセンターなどでメイク講座を担当している筆者。受講生の方の普段のメイク方法を拝見すると、惜しい!と感じることが多々あります。

ここを変えればもっとキレイにメイクが仕上がるのに!今回はそんなお話をしたいと思います。

ブラシ類は付属の物ではなく良いものを!

アイシャドウやチークに付属している、ブラシやチップ。ケースにおさまり、ポーチの中に入れてもかさばらないのが便利です。しかし、付属のブラシやチップはどれも短いですよね。

短いとどうしても力が入るので、アイシャドウもチークも濃くついてしまいがちに。持つ部分が長いほうが、力が入りにくいため、色の調整がしやすくなります。

特にチークは短くて小さなブラシだと色が濃く付き、ふわっと入れることが難しくなります。メイク直しには付属のものを使うとしても、朝は持つ部分の長い質の良いブラシやチップを使いましょう。

眉毛はペンシルだけでなくパウダーを使う!

眉毛をアイブロウペンシルだけて描く方も多いと思いますが、眉頭から眉尻まで一気に線を引くように仕上げるのはNG。全て同じ濃さになると、なんだか野暮ったく見えてしまいます。眉毛は眉尻から眉頭に向かって段々薄くなるグラデーションを作ると、キレイに仕上がります。

そして、アイブロウペンシルだけでなくアイブロウパウダーを使うのも大切。ペンシルで形を作り、パウダーで色付けするイメージです。最初に眉山から眉尻をしっかり描いたら、眉山の下から眉頭の手前を描き、最後に眉頭を軽く描きましょう。

ナチュラルに仕上げるならパウダーだけで描くのもおすすめです。ペンシルだけでなくぜひパウダーも活用してみて下さいね。

アイライナーは薄目を開けて引く!

ペンシルアイライナーでも、リキッドアイライナーでも、アイライナーはまつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように引くことがポイント。つまり、まつ毛の生え際にラインを入れます。

苦手な方も多く、慣れていないかもしれませんが、まつ毛の生え際より数ミリ上にラインを入れている方が多いようです。それだとまつ毛とアイライナーのラインとの間に、肌色が見えてしまいます。

無理に目を閉じずに薄目を開けた状態で、位置を確認しながらアイライナーを引くほうが良いでしょう。

ビューラーは目の形に合ったものを!

様々なメーカーのビューラーがありますが、メーカーによって自分の目の形に合う、合わないがあります。筆者は有名どころのビューラーをひと通り使いましたが、高価なブランド物よりもドラッグストアで800円ほどのものが一番自分の目にフィットしました。

合うビューラーを使うとまつ毛を根元からしっかり上げることができます。友人同士で貸しあいをするなどして、様々なメーカーのビューラーを試してみてはいかがでしょうか。

また、ビューラーはまつ毛の根元に5秒、真ん中にスライドして3秒、最後に毛先に1秒あてるとキレイなカールが作れます。

プチプラコスメも質が高くなってきているので、高価なコスメを揃える必要はありません。その代わり、道具を変えたり、方法を変えれば仕上がりにグンと差がつきます。

ぜひ4つのポイントを試して、よりキレイな自分に変身してみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

飯塚 美香
飯塚 美香記事一覧
有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」やエステ予約サイト「美得」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし、主にWEB上でライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やECショップのメールマガジン作成など担当する。また、インターネットに留まらず全国各地で美容イベントを開催。美容薬学や薬膳マイスターの資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。個々の悩みに応じたレシピを作成するヘルシーレシピ研究家としても活動。体調に合わせたレシピを作成し講習会で発表している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!