最強の組み合わせで美肌を目指す!りんごのはちみつ黒酢漬けの作り方

この記事は約 1 10 秒で読めます。

こんにちは!梅原けいです。秋から冬にかけて旬を迎えるりんご。

私はフルーツの中でもりんごが特に好きなので、この時期は頻繁にりんごを食べています。

「1日1個の林檎は医者知らず」ということわざがあるほど、栄養豊富で体に嬉しいりんごですが、毎日続けて食べていると飽きてしまったり、つい冷蔵庫に放置してしまったり…、そんなことも日常茶飯事です。

そこで本日は、りんごが余った時にも活用でき、美容にも効果的な「りんごのはちみつ黒酢漬け」をご紹介したいと思います。

りんご×はちみつ×黒酢の組み合わせが美肌のために効果的なワケ

それぞれが単独で、様々な美容成分を持っている3つの食品。組み合わせによる相乗効果で、より高い美肌効果が期待できます。

1.ビタミンCとポリフェノールが豊富なりんご

美肌のために必須のビタミンといえば、ビタミンC!

シミやシワ対策だけでなく、風邪予防や免疫力を高めるためにも欠かせないビタミンです。

りんごは、このビタミンCが豊富に含まれているほか、りんごポリフェノールと呼ばれる、抗酸化作用の強い成分も多く含まれており、果物のなかでもエイジングケア、美肌対策に効果的なフルーツのひとつです。

2.天然の美容液とも呼ばれるはちみつ

はちみつは糖分が多いながらも、ビタミンやミネラル、酵素など100種類を超える栄養素を含んでおり、美容成分の宝庫と言っても過言ではありません。

強力な殺菌作用も持つため、雑菌による喉の炎症を抑える効果もあります。

3.アミノ酸たっぷりの黒酢

黒酢は穀物酢や普通の米酢とは違い、玄米や大麦を元に1~3年の発酵・熟成をして作られます。

手間や時間をかけて作られた分、一般的な穀物酢に比べて、美容に欠かせないアミノ酸を約10倍も多く含んでいます。

りんごのはちみつ黒酢漬けのレシピ

材料(作りやすい分量・約4人分)

りんご・・・・・・・1個
はちみつ・・・・・・100g
黒酢・・・・・・・・1/2カップ

作り方

1. りんごは芯を取り、皮付きのまま一口大に切る。

2. 耐熱容器にはちみつと黒酢を入れ、600wのレンジで1分加熱し、よく混ぜる。

3. 瓶や深めの容器に1と2を入れ、冷蔵庫に入れ半日以上漬けていただく。

漬けた後の漬け汁にも、栄養素がたっぷり残っています。炭酸水やジュースで割って、ビネガードリンクとして飲むと美味しくいただけます。

りんごから水分が出るので、繰り返しつけるのは辞め、食べきりにしましょう。

優秀な3つの食品を使って簡単に作れる美容レシピなので、りんごが出回るこのシーズンに、活用してみて下さいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

梅原けい
梅原けい記事一覧
食品商社を退職後、栄養士・フードコーディネーターとして活動。現在はレシピ・商品開発を中心に、フード撮影、執筆、コンサルティング、キッチン雑貨のプロデュースなど幅広く活動する。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!