油断しがちな今こそ!秋冬に美白ケアを強化すべき理由

この記事は約 1 24 秒で読めます。

寒くなって日照時間が短くなると、紫外線対策が疎かになりがち。UVクリームを塗らないで外出したり、美白コスメでのケアをサボッたりしていませんか?

実は油断しがちな秋冬こそ美白ケアを強化すべき時なのです!

1年中肌のメラニン量は変わらない

夏のピークが過ぎて紫外線量が少なくなっても、肌内部のメラニン量はほとんど変わらない。そんな驚愕の事実が、資生堂の研究により明らかになりました。

メラニンの量は紫外線量と比例せず、一度活性化したらなかなか落ちついてはくれません。秋冬になって美白ケアを疎かにした途端、シミが目立ちはじめる…なんてことも。

乾燥が進む秋冬は、保湿ケアと合わせて美白ケアも強化するべき時なのです。

まずは角質だまりをケアすることから

今どきの進化したUVケア製品は、高機能で優秀な分、きちんと落とさないと肌に不要なものが残ることに。

夏に必死で日焼け止めクリームを塗っていた肌に多いのが、角質だまりです。

また、紫外線でメラニンが活性化すると肌がより厚く武装するため、秋冬の肌はごわつきがち。そんな肌ではいくら美白ケアをしても、肌に成分が浸透していきません。

まずはクレンジング、洗顔料を見直して角質だまりのケアをすることが必須。優しく角質を除去する美容液や拭き取りローションもおすすめです。

角質だまりを解消して美白成分の届きやすい肌に整えましょう。

血流UPでくすみを解消する

気温が下がると肌が冷えて血流が滞り、肌がくすみがちに。せっかく美白ケアをしても、肌がどんよりくすんでいたら台無しですよね。

外気にあたると肌が冷えるばかりか乾燥を悪化させる原因になります。外出時はマスクをして肌を守りましょう。

体を冷やす食べ物や冷たい飲み物は避け、体を温める食べ物や温かい飲み物を摂るように。また、お風呂ではゆっくりと湯船に浸かって肌の代謝を高めると良いでしょう。

スキンケアではクリームを塗りながらのマッサージや、炭酸コスメなどを使って血流UP対策を。

くすみが解消されると、肌がワントーン明るくなり、美白効果も現れやすくなります。

体の中から美白ケア

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、体のサビとなって肌にダメージを与えます。スキンケアで美白を強化するとともに、体の中からこの活性酸素を除去することが大切です。

毎日の食事で、抗酸化力の高い成分を積極的に摂るようにしましょう。

鮭やエピ、カニに含まれるアスタキサンチン、トマトに含まれるリコピン、ブルーベリーに含まれるアントシアニンなどがあります。ビタミンCとビタミンEは合わせて摂ると抗酸化力がUPします。野菜や果物も毎日たっぷり食べると良いでしょう。

また、近年流行している飲む日焼け止めとして販売されているサプリメントには、抗酸化力の高い成分が配合されています。体の中から美白力を高めるのに効果が期待できるでしょう。

美白コスメには、シミをスポットで対処するもの、顔全体の透明感を引き出すもの、紫外線から肌を守るものなど様々な種類があります。

自分の肌や悩みにあった美白コスメを選ぶようにしましょう。
秋冬こそ美白を強化!透明感のある美肌を目指したいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

飯塚 美香
飯塚 美香記事一覧
有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」やエステ予約サイト「美得」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし、主にWEB上でライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やECショップのメールマガジン作成など担当する。また、インターネットに留まらず全国各地で美容イベントを開催。美容薬学や薬膳マイスターの資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。個々の悩みに応じたレシピを作成するヘルシーレシピ研究家としても活動。体調に合わせたレシピを作成し講習会で発表している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!