ゴワゴワ硬~い「老け肌」を柔らかくする方法とは?

この記事は約 3 47 秒で読めます。

肌は、生活習慣や体調、精神状態までもがあらわれる部分。

例えば、キメが細かく透明感のある肌は、清潔感ある印象を人に与えますが、逆に肌が荒れているだけで、不健康、老けている、不潔など、悪い印象を人に与えます。

そう、肌の状態は見た目の印象を左右する重要なパーツ。

もし今、肌の手ざわりがゴワゴワと硬かったら、それは古い角質が落ちていない老け肌のサイン。

ピーリング化粧品、ピーリング効果の化粧品を取り入れて、肌のターンオーバーを高めるケアを取り入れるべきですが、ときにピーリングは肌に負担を与えてしまうことも。

ここでは、ゴワゴワ硬い老け肌をぷるんと赤ちゃんのような柔らかい肌にする方法、そして、ピーリング化粧品の選び方などについてご紹介します。

ゴワゴワら硬~い…その肌の原因は?

どうして赤ちゃんの肌はつるんとすべすべなのでしょうか?

肌がゴワゴワと硬くなるのは、それは古い角質が溜まって厚くなっている証拠。ゴワゴワ肌が硬くなる原因は、ターンオーバーの乱れになります。

肌は、表皮の一番下にある基底層で新しい細胞が生まれ、約28日かけて角層へと上がり、最後は垢となってはがれ落ちていきます。

ターンオーバー

このサイクルをターンオーバーといいますが、年齢を重ねるにつれてターンオーバーは遅くなり、40代では約40日かかるともいわれています。

ターンオーバーが乱れて角層に剥がれ落ちない細胞がたまると、肌のくすみ、乾燥、小じわができるといった肌トラブルにつながり、はがれ落ちない古い角質がたまっている状態に。

これがゴワゴワと硬い肌の状態になります。赤ちゃんのようなモチモチ、プルプル感は失われ、どんどんゴワゴワと硬い肌になってしまいます。

ゴワゴワと硬い肌を柔らかくするためには、肌のターンオーバーを整える必要がありますが、それにはピーリングが一番効果的です。

角質ケアの代表ピーリングってなに?

スキンケア

ピーリングといっても、さまざまな方法があります。

大きく分けると、美容外科や美容クリニック、皮膚科などの医療機関のケミカルピーリングと自宅で行うホームピーリングが代表的です。

それでは、それぞれの特徴をみていきましょう。

1)医療機関でのピーリング

医療機関で行うケミカルピーリングは、サリチル酸やグリコール酸(AHA)などの薬剤を使って古い角質を取り除き、新しい皮膚を再生する方法です。

ニキビやニキビ跡の治療に効果的だといわれています。

施術後は、赤みをおびたり、ピリピリとした刺激を感じる場合もあるほか、日焼けをしやすくなるので、外出時は日焼け止めなどの紫外線対策が必須です。

2)自宅でのピーリング

自宅で行うことができるホームピーリングは医療機関のピーリングよりは肌に刺激を与えません。

角質をこすってボロボロ落とすスクラブタイプのもの、ふき取りタイプのもの、クエン酸を薄めて手作りすることもできます。

しかし、医療機関のものよりは肌に刺激がないとはいえ、肌への摩擦で角質を落とすので、肌を傷つける可能性があります。

肌が弱っている方、敏感肌に傾いているときは、控えたほうがいいでしょう。

3)化粧品でピーリング効果を得る

医療機関へ行くほどじゃないけど、角質ケアをするピーリングを取り入れたい場合は、肌のターンオーバーを促進する成分が配合されている化粧品を取り入れるのがおすすめです。

肌のターンオーバーを促進して角質をケアする効果があると注目されているのが〝ホエイエキス”になります。

ホエイエキスには、肌のターンオーバーを促進させる自然なピーリング効果のほか、肌の弾力のもとであるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出す繊維芽細胞を活性化させる効果もあります。

ピーリングに抵抗がある方は、ホエイエキスが配合された化粧品がおすすめです。

わたしが愛用しているのがホエイエキス30%と高配合されたムース状の美容液の〝バランシングムース“です。

ムース状の珍しいタイプの美容液です。

ピンポン玉くらいを手にとり、

ムースを肌にのせます。

ムースを肌にのせたら、ハンドプレスでムースを肌に入れ込みます。

実際に肌にのせている様子がこちらなのですが、
(※まゆ毛が半分ないにはお気になさらずに…)

121505

白塗り状態に…!!!

バランシングムースは洗顔後にすぐ使うタイプのムース状美容液ですが、
使って瞬間から肌がふんわりと柔らかくなるのを実感できます。

肌がゴワゴワして硬いと悩んでいる方は、
ぜひ一度使ってみてほしいです。

肌が柔らかいと、その後の化粧ノリも全然違うことに驚きます。

■ピーリングが肌の老化に効く理由

121103

なぜ、ピーリングをすると肌が柔らかくなるかというと、ピーリングをすると肌の表皮が活性化したというシグナルが伝わります。

そうすると、真皮のコラーゲンが増えて、シワやたるみの予防になるほか、メラニン色素の排出を促します。

シワ、たるみ、くすみ、シミ、毛穴の開きなど、あらゆる肌老化に働きかける効果がピーリングにはあります。

肌がゴワゴワ硬い場合は、ピーリングを取り入れて肌の細胞を活性化させてターンオーバーを促進しましょう。

■ピーリング効果を高める肌を柔らかくする3つの方法

いつものスキンケアにピーリングを取り入れて、さらにゴワゴワ肌を柔らかい肌にするためには以下のことにも注意をしてみてください。

1)基本は毎日の洗顔

121503

ゴワゴワした硬い肌は、古い死んだ角質細胞が肌から落ちていないから。

死んだ細胞や肌の汚れをしっかりと落とさないと、肌がゴワゴワするばかりではなく、皮脂と古い角質がまじりあい毛穴を詰まらせる原因に。

皮脂は日々分泌されるので、毎日のクレンジング、洗顔をしっかりとすることが効果的です。

ただし、角質や汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのはNG。

肌は薄いので、ゴシゴシと摩擦を与えると、目には見えない傷ができて肌荒れを起こす場合があります。

クレンジングは洗顔は〝やさしく″洗うことが大切です。

2)化粧水ではなく、保湿成分を肌に与える

100101

ピーリングで古い角質をとりさった肌は、まっさらな状態です。

次に使う化粧品の吸収も抜群によくなるので、しっかりと保湿をしたいところです。

だけど、〝保湿=化粧水”と肌を保湿することは化粧水をたっぷりと与えることと思いこんでいる方も多いのですが、肌を保湿するということは、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分を肌に与えることです。

自分が使っている化粧品に、これらの保湿成分がきちんと配合されているかどうかを確認するようにしてくださいね。

3)セラミドでバリア機能を強化する

121504

セラミドが不足している肌は、バリア機能が低下していて、外からの刺激を受けやすい肌が敏感な状態です。

ピーリングは少なからず肌に刺激を与えることになります。普段からセラミドが配合された化粧品を取り入れて、肌のバリア機能を高めることを意識しながらスキンケアをするようにしましょう。

結論!ゴワゴワ硬い肌は、いつものスキンケアに+αで解決!

美容クリニックや自宅でもピーリングをすることはできますが、少なからず肌に刺激を与えてしまいます。

ですから、わたしはいつものスキンケアにピーリングと同じような肌のターンオーバーを促進する成分が配合された化粧品を毎日のスキンケアに取り入れることをおすすめします。

バランシングムースは肌のターンオーバーを促進する効果がありますが、肌に刺激を与えることはありません。

穏やかなピーリング効果で、ゴワゴワした肌を赤ちゃんのような柔らかい肌に使うたびに実感することができます。

だれでもそうだと思いますが、はじめての化粧品を使うときは、肌に合うかどうかが一番心配ですよね。

こちらのサイトからだと初回半額で本品を試すことができます。

ピーリングは古い角質を除去することで、ゴワゴワした肌を柔らかくするほか、次に使う化粧品の浸透を高める効果もあります。

また、いつも使っている化粧品の効果を実感しにくくなったという場合も、実は古い角質が落ちていないことが原因だったりする場合もあるので、そのような方にもピーリングを取り入れることはおすすめです。

柔らかい肌が人に与える印象は、「安心」「若々しい」「ハリがある」「健康的」。厚くなった古い角質をピーリングで落として、大人の柔らかい肌を目指しましょう!

ターンオーバーを促進するピーリング化粧品
バランシングムース

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

奈良 留美子
奈良 留美子記事一覧
株式会社スピカズ代表。大学卒業後、大手通販化粧品会社に就職し、化粧品のプロモーションを手掛けたのち、いくつかの通販化粧品会社を経て、2008年に独立。自身で企画した化粧品やサプリメントなどをインターネットを中心とした媒体で販売している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!