ストレスは美容の大敵!脳科学的に精神を安定させる方法

この記事は約 0 51 秒で読めます。

恋愛が上手く行かずイライラ…
仕事のストレスで憂鬱になる…

毎日の生活の中でストレスを感じる場面は少なくありません。特に頑張り屋さんのあなたのことだから、そのストレス、溜め込んでいませんか?

美容にとってストレスは大敵と言われますが、脳科学的にその通りなのです!
ストレスを感じ過ぎると、血圧が上がったり、生理が止まったり、免疫力が低下したり、蕁麻疹が出来るようになってしまいます。

何故ストレスが身体に影響を与えるのかというと、脳の「視床下部」というところが鍵を握っているからです。

■視床下部って?

大脳と脊髄の繋ぎ目の前方に位置する視床下部。この視床下部は、感情、情動、本能から自律神経やホルモン分泌、免疫力のコントロールを担っている場所です。

イライラしたり、不安感や食欲を極度に我慢するなどの精神的な問題が起これば、視床下部は調子を失い、乱調気味になります。
コントロールセンターの視床下部が調子を乱すことで、自律神経、ホルモン、免疫力も影響を受けて、働きが不安定になってしまうのです。

ホルモンが乱れれば、肌のターンオーバーも乱れますし、肌トラブルが出現しやすい環境に。免疫力が落ちれば、風邪を引きやすなり、皮膚の免疫力ももちろん低下してしまいます。

■視床下部を落ち着かせる◯◯

だからと言って、ストレスを感じずに生きることは不可能です。そこで美容を守るために実践したい視床下部を安定させる方法は、緑茶や抹茶を飲むこと!
お茶に含まれる成分テアニンが視床下部の安定に役立つのです。

精神を安定させて美容を高めたいのなら、毎日緑茶か抹茶を飲む習慣をつけましょう。また、確実に視床下部を安定させたい場合は、医薬品の「メイラック」がお勧めです。使用する場合は医師のアドバイスを受けて下さいね。

視床下部の乱調は脳機能全体を低下させ、あなたから知的さも奪いかねません。
美しい知的女子でいたいなら、視床下部に安定を!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

馬場さおり
馬場さおり記事一覧
ヘアーモデル、パーソナルスタイリストやパーティープランニングなどを経験したのち、予防医学を基盤とした美療情報サイトCREVIAを発足、ディレクションとライティングを行い、日本健康教育振興協会の病気にならない体作りを行うために必要な医学的知識を要する予想医学エデュケーターディプロマ取得。現在は、美容や健康情報に限らず、恋愛や旅行、ファッションなど幅広いカテゴリーで記事を配信中。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!