平熱34℃を36.5℃に!超低体温を改善する方法4つ

実は筆者、超低体温で数年前まで平熱が34度台でした。足先だけでなく、二の腕やお腹、お尻など体のあちこちが氷のように冷たかったのです。

そんな超冷え性に悩んで試行錯誤した結果、今では36.5℃まで平熱を上げることに成功!ちょっとした工夫で超低体温から脱出できた方法をご紹介します!

■低体温になってしまう原因とは?

121504

低体温になってしまうのは、生活習慣の乱れ、運動不足で筋肉量が減る、過度なダイエットでの栄養の偏り、ストレスなどで自律神経のバランスが崩れる、水分の過剰摂取などと様々な原因があります。

低体温をほうっておくと、卵巣や子宮、卵管の働きが鈍り、最悪の場合、不妊症になってしまうことも。低体温で悩んでいたら、まずは自分の生活習慣を見直し、改善することからはじめましょう。

■体温が1℃下がるだけで体はこうなる!

まず始めに、体温が低いと体にどう影響するか。ただ単に、「体が冷たいと寒いから」だけではありません!体温が1℃下がると免疫力は約30%、基礎代謝は約12%ダウンすると言われています。

風邪を引きやすく、太りやすくなってしまうのです・・・!さらに、37℃程で最も体内の酵素は活発になるので、体温が低いと代謝力や消化力が落ちてしまうことになります。

■生姜湯+黒糖のW効果

121502

体を温める食品は生姜!これはもうみなさんご存じですよね。生姜をすりおろして、お湯を注いで生姜湯を飲んでいる方もいると思いますが、筆者のおすすめは、そこに黒糖を少々入れてみること。

白砂糖は体を冷やしますが、黒糖は逆に体を温めてくれるのです。てんさい糖も体を温めてくれますが、黒糖のほうが風味があって美味しいのでおすすめ。生姜湯とも相性バッチリです!

■朝の足湯で1日のスタートをホットに!

121503

基本的に人間は睡眠中に体温が下がるため、朝起きた時は体が冷えています。そこでおすすめなのが、朝の足湯。洗面器に熱めのお湯を注ぎ、その中に足だけを入れて温めてるだけで血流を促進させます。身支度で忙しくても、メイク中や食事中の「ながら足湯」でOKです。

筆者は朝食の前に上記の生姜湯+黒糖を飲みながら足湯をしています。洗面器の中にお気に入りのアロマオイルを垂らしても。朝の足湯で目覚めも良くなり、温まった体で一日がスタートできます!

■とにかく、よく歩くこと!

121505

筋肉量が少ないと、体の基礎代謝が上がりません。筋肉を動かして、基礎代謝を上げることが、低体温体質改善のポイントです。

とはいっても、運動が嫌いだったり、時間がないという方が多いかと思います。そんな方でも少し多めに歩くことはできるはず!歩くことは全身の筋肉の80%を使います。

歩数計を付けて1日の目標歩数を決めて歩いたり、ウィンドウショッピングをしながら楽しく歩いて、運動不足を解消しましょう。

よく歩くことは習慣づけることが大切です。有酸素運動をすることで、脂肪燃焼を促進させるダイエットにも効果的です。筆者は1日1万歩を目標にしていて、達成できそうにない時は家の中を歩いています!

■冷たい物や体を冷やす物は徹底的に避けるべし!

121506

低体温に悩んでいるなら、冷たい飲み物や食べ物、体を冷やす物は徹底的に避けましょう。飲食店では、飲み物の氷は抜いてもらうようにオーダーし、アイスやビールなどの冷たい物は食べない。

温かい地方で獲れる食材は体を冷やし、寒い地方で獲れる食材は体を温めると覚えておいて、食事で体を温めるように工夫しましょう。

いかがでしたでしょうか?

生活のちょっとした工夫で体温は確実に上げることができます!低体温でお悩みの方はぜひ実践してみて下さい。


この記事を書いた人

飯塚 美香
飯塚 美香記事一覧
有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」やエステ予約サイト「美得」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし、主にWEB上でライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やECショップのメールマガジン作成など担当する。また、インターネットに留まらず全国各地で美容イベントを開催。美容薬学や薬膳マイスターの資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。個々の悩みに応じたレシピを作成するヘルシーレシピ研究家としても活動。体調に合わせたレシピを作成し講習会で発表している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!