要注意!ダイエットをし過ぎると臭くてバカになる!?

この記事は約 1 4 秒で読めます。

こんにちは!キレイナビの飯塚美香です。ダイエットを頑張る時は、スリムで美しくなりたいという思いからですよね。しかし、ダイエットのし過ぎは“臭くてバカ”になってしまうのです…!せっかく美しくなろうと努力してもそんな結果になるなんて!その原因と対策とは!?

■低炭水化物ダイエットの落とし穴

体には、エネルギー源となるブドウ糖が約半日分しか備わっていません。そのため、炭水化物を極端に減らすダイエットをすると、当然体はエネルギー不足に陥ります。そこで糖の代わりに体に蓄えられている脂肪がエネルギーとして使われ、その時にケトン体という強烈な臭いの元になる物質が血液にのって全身を巡ってしまうのです!これがダイエットをし過ぎて臭くなる原因、ケトン臭なのです。

■部屋に充満する酸っぱいニオイ

ケトン臭は別名ダイエット臭とも呼ばれています。どんなニオイなのかというと、レモンの腐ったような酸っぱい感じだそうです。筆者の知り合いで摂食障害の患者を診るお医者さんがいます。彼が言うには極端に糖質制限している人が診察室に入ってくると、部屋中が酸っぱいニオイで充満するそうです…。本人は自分のニオイなので気付かないのだとか。

■運動不足も原因の一つ

糖質制限をしていても、運動をしていると筋肉がケトン体を消費してくれます。しかし、糖質制限だけを行って運動をまったくしなければ、ケトン体が筋肉で消費されずに、尿や呼吸という形で外に排出されてしまいます。そしてケトン臭を放つようになってしまうのです!

■ダイエットをし過ぎるとバカになる?

さて、次にダイエットをし過ぎるとなぜバカになってしまうのか?それも極端な糖質制限に関係があります。私たちの脳は糖質だけをエネルギーにしています。そのため、体に糖が足りていないと脳がエネルギー不足になり、頭がぼーっとしたり、考えがまとまらなかったり。ひどくなると、上手く話すことすらできなくなってしまうこともあります。こわいですね…!

■失敗しないダイエットのためには

ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの立場から言わせてもらいます。成功と言えるダイエットは、やはりバランスのよい食事と適度な運動。

巷に様々なダイエット方法があっても、結局はこれに尽きます。糖質の摂り過ぎは肥満や生活習慣病、糖尿病の原因になりますが、制限のし過ぎも体に悪影響があります。何事も、過ぎたるは猶及ばざるが如し。ダイエットのし過ぎには十分注意して自分に合った適度な運動も取り入れましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

飯塚 美香
飯塚 美香記事一覧
有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」やエステ予約サイト「美得」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし、主にWEB上でライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やECショップのメールマガジン作成など担当する。また、インターネットに留まらず全国各地で美容イベントを開催。美容薬学や薬膳マイスターの資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。個々の悩みに応じたレシピを作成するヘルシーレシピ研究家としても活動。体調に合わせたレシピを作成し講習会で発表している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!